1: シャチ ★ 2018/05/25(金) 12:24:58.30 ID:CAP_USER9
    5/25(金) 11:23配信 CNN.co.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-35119780-cnn-int
    サンフランシスコ(CNNMoney) 米アマゾンのスマートスピーカーに内蔵されている音声アシスタントの「アレクサ」が、
    米オレゴン州に住む夫婦の会話を知らないうちに録音し、その内容を夫の勤務先の従業員に送信してしまう出来事があった。

    オレゴン州ポートランドに住む夫婦は、自宅でアマゾンのスマートスピーカー「エコー」を使っていた。
    妻は地元放送局KIRO7の取材に応じ、自宅のスピーカーについて、夫と冗談で「間違いなく私たちの話を聞いている」と話していたことを明らかにした。

    事態が発覚したのは2週間ほど前。夫の勤務先の従業員から電話があり、夫婦の会話を録音した不審な音声ファイルが送られてきたと告げられた。

    電話の相手は、「すぐにアレクサ装置の電源を抜いた方がいい」「あなた方はハッキングされている」と夫婦に忠告したという。

    録音されていたのは、夫婦がフローリングについて話していた会話だった。女性はアマゾンに連絡したところ、
    アレクサ担当の技術者から何度も謝罪されたと話している。

    アマゾンは問題があったことを認め、ありえない出来事が重なってハプニングが起きたと説明した。
    スピーカーがハッキングされたり不具合があったりしたわけではなく、アレクサのマイクが一連の言葉を聞き間違え、
    誤って音声メッセージを送信してしまったことが原因だという。

    「エコーは、会話の中で『アレクサ』と聞こえた音声に反応して起動した。続く会話が『メッセージ送信』のリクエストに聞こえた」。
    アマゾンはそう説明する。「この時点で、アレクサは『誰に?』と音声で尋ねた。その時に背後で交わされていた会話が、
    ユーザーの連絡先にある名前と解釈され、アレクサは音声で『誰誰さんですね?』と確認。背後の会話で『その通り』と言われたと解釈した。
    このような出来事が重なるのはありえないことだが、我々はこうしたケースをさらに減らすための方法を探っている」

    夫婦がスピーカーの音量を絞っていたのか、それともアレクサがメッセージを送信する過程で発声した言葉が
    聞こえなかったのかは分からない。エコーが起動している時は必ずランプが点灯する。

    スマートスピーカーの人気が高まる中で、ネットに接続されたマイクを自宅に置くことに関するプライバシー問題への不安も付きまとう。
    アマゾンやグーグルなどの各社は、「アレクサ」「ねえ、グーグル」などと声をかけるまで、マイクが録音を始めることはないと強調している。

    【【米国】アマゾンのスピーカーが夫婦の会話を録音、勝手に他人に送信www】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/05/25(金) 12:08:09.25 ID:CAP_USER9
    欅坂46の平手友梨奈が、24日放送のラジオ『未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM/毎週月~金曜よる10時)に出演。
    恐怖体験を語った。

    欅坂46平手友梨奈、お祓いを受けていた

    リスナーの女性から番組に「最近霊感が強くなってきて怖い」という悩みが寄せられると、平手は「私も最近、霊が憑きやすくて…」と衝撃の告白。

    「お祓いにも行って大丈夫だったんですけど…」というが、「外側からめっちゃ聞こえるんですよ、ドンドンドンって」と自宅の部屋の壁から音が聞こえるという恐怖体験を語った。

    欅坂46平手友梨奈、得意料理は?

    また番組では、料理について話す場面も。
    「料理だけに集中できるというか、ほかのことを一切考えないので手を動かすのは好きです」と日頃から料理をするという平手。

    得意料理は餃子のようで、「餃子好きです。あと、何人かで集まった時とかはもんじゃとか」と明かしていた。

    http://mdpr.jp/news/detail/1768716

    『SCHOOL OF LOCK!』 平手友梨奈
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    欅坂46 平手友梨奈
    no title

    no title

    no title

    【【欅坂46】平手友梨奈、お祓いを受けていた「霊が憑きやすい…」衝撃の告白 恐怖体験語る‼】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/25(金) 12:10:04.80 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00000023-sasahi-spo&p=1

    日本大学アメリカンフットボール部の選手が関西学院大学選手へ危険タックルした問題が迷走している。

    宮川泰介選手が「指示された」と名前をあげた日大の内田前監督と井上奨前コーチが23日、会見し、
    宮川選手の証言を否定「指示はしていない」「怪我をさせろとは言っていない」などと弁明し、お互いの主張が対立している。

    そんな中、日大のアメフト部の選手らが24日、緊急ミーティングを開催した。

    参加した宮川選手の同級生の現役選手はこう打ち明ける。

    「宮川一人を悪者にして保身に走る内田前監督、井上前コーチの記者会見があまりにひどい、許せないという批判が多数あった。
    内田前監督、井上前コーチが辞めたからと言ってもチーム、学校を信頼できないという思いです。そこで、宮川が戻ってくるまで、
    練習には参加しないという結論に達しました」

    そして、問題の危険タックルに対する、内田前監督、井上前コーチの「指示」の有無については、こう話す。

    「多くの選手が、内田前監督や井上前コーチの言葉を聞いており、宮川の言った通り、指示があったのは間違いない。
    危険タックル問題が騒ぎになって、部員たちに『マスコミにしゃべるな』と箝口令が言い渡された。危険タックルへの指示がなければ、
    箝口令なんて、必要がない」

    この日のミーティングでは、宮川選手がアメフト部でプレーをするにはどうすればいいかという話題も話し合われたという。

    「僕たち部員らが声をあげて、宮川をどう助けられるか、アメフト部の父兄会にも相談しています。このままなら、宮川のフットボール、
    いや人生まで奪われかねません」

    また、アメリカンフットボールの関東学生連盟1部リーグに加盟する16大学の緊急監督会が24日、開催。

    「現状のままで、秋のリーグ戦も日大と試合をできない」との見解で一致した。

    「秋のリーグ戦に参加できなければ、4年生はもう終わり。日大のイメージが悪くなって就職もやばい。就活した友人が
    『あの日大とイメージが悪く、企業から変な目で見られて困っている』と愚痴ってました。昨日のミーティングでも
    『参加できないなら日大でアメフトをやっていても仕方ないと意見もあった。また、廃部ともウワサされており、
    下級生は『他の大学に移ってアメフトをしたい』と言っている選手もいます。本当なら、自分も実名で内田前監督らの
    指示のことやうちの部の実情を訴えたい。けど、それができない事情があるのです」

    先の現役選手がこう打ち明けるには理由がある。

    その一つは、内田前監督が日大の常務理事で人事担当というポジションについていることだ。田中英寿理事長に次ぐ、ナンバー2ともいわれている。

    「内田前監督は学校の人事を握っている。選手の中には将来、教員として日大の関連の学校でとの思いの選手もいる。
    就職に関しても、内田前監督からにらまれて、就職担当者を通じて『あの学生はダメだ』とひとこと、企業側の耳に届くともうアウト。
    大企業でアメフトを続けることはまず無理ですよ。内田前監督には、日大から去ってほしい」

    混迷する日大の危険タック問題。日大教職員組合文理学部支部は24日、声明文を出し、田中理事長の記者会見、関係者への謝罪と再発防止、
    組織改革の具体案を示すこと、理事会から独立した第三者委員会の設置などを求めている。

    一方、関学は25日、日大の再回答について記者会見を予定している。だが、先日の内田前監督らの会見通り、「指示」を否定しているようだ。
    また、スポーツ庁も調査に乗り出した。混迷は当面、続きそうだ。

    【【アメフト】日大アメフト部選手らが緊急ミーティング「宮川が戻ってくるまで練習には参加しない」「内田前監督は日大を去ってほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ