1: ガーディス ★ 2018/08/16(木) 11:12:53.17 ID:CAP_USER9
    主力の学生、確保に悩み 東京五輪のボランティア

    2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア募集期間(9月中旬~12月上旬)を控え、主力と見込む学生を十分に確保できるのかとの懸念が関係者の間で広がっている。
    「10日以上の活動が基本」「宿泊は自己手配、自己負担」といった条件が厳し過ぎるとの指摘があるのに加え、学生にとって2年後の予定が見通しにくい事情があるからだ。
    東京大会で必要なボランティアは大会組織委員会、東京都の募集分を合わせ、11万人に上る。年齢条件は「20年4月1日時点で18歳以上」で、学生への期待は大きい。
    だが、現在の大学3、4年生は2年後には社会人。所属する会社の理解を得られるか分からず、2年生は就職活動がある。

    7月31日に東京・四谷の上智大で開かれた説明会に参加した国学院大2年の藤村貴大さん(20)は「就活がボランティアの研修などと重ならないか、ちょっと心配」と打ち明けた。
    大会関係者からは「今の高校2、3年生への周知も必要ではないか」との声も聞かれる。
    組織委は今夏、全国各地の大学で説明会を開くほか、活動を分かりやすく紹介したチラシを30万部配布する。東京都は女優の広瀬すずさんを起用したPR映像を制作。
    「皆さん、青春のど真ん中に五輪、パラリンピックがやってきます」と呼び掛ける内容で、9月下旬からはテレビCMとして放送する。

    文部科学省とスポーツ庁は7月下旬、全国の大学や高等専門学校に対し、20年夏に学生がボランティアに参加しやすいよう、授業や試験日程を弾力的に変更できることを文書で通知した。
    既に国士舘大は五輪開幕前までに試験を終えることや、ボランティアの研修などで授業を欠席する場合は「公欠」とすることを決定。
    明治大も授業と試験を五輪前に終えることにした。こうした取り組みが今後、各大学にどこまで広がるかも鍵となりそうだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3420465016082018CR0000/

    【【東京五輪ボランティア】主力の大学生の確保に悩み 大会関係者「今の高校2,3年生への"周知"が必要ではないか」】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/08/16(木) 09:51:45.14 ID:CAP_USER9
    no title


     山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀ちゃん(2)を救助した、捜索のボランティアに来ていた大分県日出町の尾畠春夫さん(78)が16日、TBS系「ビビット」に生中継で出演した。

     尾畠さんは理稀ちゃんを発見した当時の状況などについての質問に答えた。捜索時に背負っていたリュックの中身も披露。その年季の入ったリュックはところどころが破れ、尾畠さんがこれまで携わってきたボランティア活動の歴史を思わせる物だったが、尾畠さんは「(使い始めて)まだそんなに日はたってない。38年目です」と豪快に笑い、「日本っちゅう国は資源の無い国じゃから。だけど知恵が無限にあるんですよ」と語った。

     65歳で鮮魚店を引退し、ボランティア活動を始めたという尾畠さん。定年を迎えて仕事を引退する世代に向けて「やっぱし夢を持ち続けるっちゅうことじゃないですかね。夢を持ったらそれを目標に立てて、計画を立てて、迷うことなく実行するのがいいんじゃないですか。私はそうしてるんです」とメッセージを送った。

    [2018年8月16日9時25分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201808160000250.html

    【【師匠】尾畠春夫さん(78) 今日の名言「夢を持ち続け、迷うことなく実行すること」 「日本は資源の無い国。だけど知恵が無限にある」】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/16(木) 08:02:57.51 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    去る8月14日、日本軍慰安婦キリムの日(称えるの日)である。

    この日は去る1991年、日本軍慰安婦被害者の故キム・ハクスンさんが、慰安婦被害の事実を初めて公開証言した日である。

    その後、毎年8月14日を日本軍慰安婦キリムの日に指定して、去る2017年12月に国家記念日として認められた。

    しかし、日本は不快な気配を隠しきれず、非難を浴びせた。

    (写真)
    no title


    去る14日、日本の産経新聞は、「韓国は14日、初の慰安婦を称えるの日を迎える」という内容から始まる韓国の慰安婦を称えるの日の行事を批判した。

    産経は、「文在寅(ムン・ジェイン)政権は韓日パートナーシップ宣言から20周年を迎える今年、対日関係の改善を目指している」と書いた。

    続けて、「ただ、慰安婦の日は文在寅政権が制定したもので、一連の反日行事は文政権のジレンマ」と主張した。

    また、「15日は日本の朝鮮半島統治からの解放記念日である光復節で、各地で反日行事が開かれる」と伝えた。

    (写真)
    no title


    これに関連して、日本政府は2015年の韓日慰安婦合意の着実な実施が重要であると強調した。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/172376

    【【韓国】『慰安婦を称える日』の行事は明らかな『反日行事』と非難した日本の極右媒体】の続きを読む

    このページのトップヘ