2018年05月

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/05/25(金) 16:14:08.71 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000097-dal-spo
    no title


    5/25(金) 16:02配信

     日本大学は25日、悪質なタックル問題を起こしたアメリカンフットボール部について、都内の日大本部で大塚吉兵衛学長が会見を開いたが、会見の冒頭で、報道関係ではない72歳の女性が紛れ込み、不規則な発言をする場面があった。

     司会者の男性が「進行につきましてはご協力のほどよろしくお願い致します。発言に際しまして、挙手と会社名、ご質問のお名前を…」と会見の注意事項について説明している際に、最前列に座っていた女性が「ちょっと待った」と手を上げた。「まどろっこしいことやってらんないのよ」など、不規則な発言を繰り返し、係員数人が抱きかかえて会見場外へ連れ出した。その際も「いいかーおまえらが…」と何かを発言していたが、女性は関係者らに囲まれて退出させられた。

     退出後も女性の怒りは収まらず、報道陣の取材に応じ、「名刺も出さずにスーっと入っちゃった」と、警備態勢の薄さを知らしめた。

     会見に乱入した理由については「もう72歳。いつコロッとあの世にいっちゃうか分からない。私の経験を伝えたいと思った」と、財布も持たずにやってきたことを明かした。渋谷区生まれで「400年前からこっちとら江戸っ子だい」。日大の問題については「日大はもともとメンタルの部分の教育がなっていない。日大は私が娘の頃はケツから2番目」と断罪し、犯則を犯した日大守備選手についても「ああいういい子を潰したのはお前らだ」と、日大側に問題があるとした。

     最後は警備員3人にマークされ、敷地外に誘導された。

    【【日大学長会見】乱入女性は72歳「名刺も出さずスーッと」入室「こちとら江戸っ子だい」】の続きを読む

    1: ATMの出番や@ガーディス ★ 2018/05/25(金) 14:20:58.76 ID:CAP_USER9
    米朝首脳会談を中止、トランプ大統領が通告 「最大限の圧力継続」

    [ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は、来月12日にシンガポール
    で開催される予定だった米朝首脳会談を中止すると北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に
    通告した。ホワイトハウスが24日、トランプ大統領がに金氏に宛てた書簡を公表した。

    トランプ大統領は書簡で「会合できることをとても楽しみにしていた」とした上で、
    「残念ながら、最近の言動で示された激しい怒りやあわらな敵意を踏まえ、現段階で念願
    の会談を開催することは適切ではないと感じた」と述べ、「会談は開催されない」と言明
    した。

    トランプ氏は「好機を逸した」としつつも、将来金氏と会合することを望んでいるとした。

    また、北朝鮮の核開発に対しては「米国の核能力は著しく大規模で強力で、決して使う
    必要がないことを神に祈っている」とけん制した。

    この発表に先立ち、北朝鮮は米朝首脳会談の開催を再考する可能性があり、必要であれば
    核による対決も辞さないと警告していた。また北朝鮮はこの日、豊渓里にある核実験場の
    坑道や施設を爆破し、非核化に向けた前向きな姿勢を示していた。

    トランプ大統領はホワイトハウスで声明を発表し、対話にはなお前向きだと表明。一方で
    マティス国防長官と会談したことも明かし、北朝鮮が「無謀な行動」に出ないよう警告
    するとともに、必要ならば米軍展開の準備ができていると述べた。

    また、北朝鮮によって「われわれが不幸な状況に追いやられた場合」には、韓国と日本が
    多くの財政的負担を肩代わりする用意があると述べた。

    首脳会談中止が戦争のリスクを増大させるかとの質問には、「成り行きを見守る」と説明。
    北朝鮮に核兵器を断念させるため、米国が「最大限の圧力」を継続する方針を示した。
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、首脳会談中止を受けてもトランプ大統領と
    金委員長が直接対話を行うべきだと呼び掛け。聯合ニュースによると、安全保障当局者と
    の緊急会合で「朝鮮半島の非核化と恒久平和の実現は断念したり遅らせたりすることが
    できない歴史的任務だ」と述べた。
    https://jp.reuters.com/article/us-nkorea-cancel-idJPKCN1IP2AP

    【トランプ、北朝鮮によって「われわれが不幸な状況に追いやられた場合」には、韓国と日本が多くの財政的負担を肩代わりする用意がある】の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2018/05/25(金) 15:36:10.53 ID:CAP_USER9
    日大は25日、アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則を犯した問題を受け、大塚吉兵衛学長(73)が
    東京都内で会見した。会見中に女性が立ち上がり、「お前らがしっかりしないからだよ」と叫び、退場させる
    ハプニングがあった。

    6日の定期戦で関学大の選手に危険なタックルをした日大アメフット部の宮川泰介選手(20)は内田正人前監督、
    井上奨コーチ(30)の指示を受けたと訴えた。だが内田前監督らは否定し、両者の主張に食い違いが生じている。

    日大は24日、意図的な反則指示はしていないという従来の主張を踏襲した再回答書を関学大に提出しており、
    これを受けて、関学大は26日に記者会見を開く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000535-sanspo-spo

    【【アメフト】日大・大塚学長に会見に女性が乱入 「お前らがしっかりしないからだよ」と叫び退場させられる】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/25(金) 14:44:10.54 ID:CAP_USER9
     総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。世帯の機器保有割合もスマホは75.1%と、初めてパソコン(72.5%)や固定電話(70.6%)を逆転した。スマホがネット社会の主役となっていることの裏付けとなりそうだ。

     調査は17年9月末の状況について全国4万592世帯を対象として郵送で実施。1万6117世帯(4万1752人、41.1%)から有効回答を得た。

     ネット利用機器を年齢階層別にみると、20~40歳代はスマホが8割超で6割台のパソコンを大きく上回る。50歳代はスマホが64.7%、パソコンが63.0%で拮抗。60歳以上になるとパソコンが最も多くなる。

     同時に実施した企業向けの調査は7257社のうち2592社(43.0%)が有効回答。クラウドサービスを利用する企業の割合は56.9%と、1年前に比べて10.0ポイント増えて初めて過半数になった。

    2018/5/25 13:28
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30954390V20C18A5EA4000/

    【【スマホ】ネット利用、スマホがPCを逆転 20~40代はスマホが80%超 50代は64%で拮抗 60代はパソコン 総務省調査】の続きを読む

    1: 親日@シコリアン ★ 2018/05/25(金) 12:57:20.46 ID:CAP_USER9
     【ソウル時事】北朝鮮の金桂冠第1外務次官が25日、発表した談話の全文は次の通り。

     現在、朝米間には世界が非常な関心の中で注視する歴史的な首脳の対面(会談)が日程に上り、その準備も最終段階で進められている。

     数十年にわたる敵対と不信の関係を清算し、朝米関係改善の新たな一里塚をもたらそうというわれわれの真摯(しんし)な模索と積極的な努力は内外の共感と支持を得ている。

     そうした中で、トランプ米大統領は24日、突然、既に既成事実化されていた朝米首脳の対面を取りやめるという公式な立場を発表した。

     トランプ氏はその理由について、わが国の崔善姫外務次官の談話内容に「激しい怒りと露骨な敵意」が込められているためだと述べ、以前から計画されていた貴重な対面を行うことが現時点では適切ではないと明らかにした。

     私は、朝米首脳会談に関するトランプ氏の立場表明が朝鮮半島はもちろん、世界の平和と安定を願う人類の念願に合致しない決定だと断定したい。

     トランプ氏が取り上げた「激しい怒りと露骨な敵意」というのは、事実上、朝米首脳会談を前に一方的な核廃棄を迫ってきた米国側の度を越した言動が招いた反発にすぎない。

     この不幸な事態は、歴史的に根深い朝米敵対関係の実態がどれだけ深刻で、関係改善に向けた首脳会談がどれほど切実に必要かをありのままに示している。

     歴史的な朝米首脳会談について言えば、われわれはトランプ氏が歴代のどの大統領も下せなかった勇断を下し、首脳会談という重大な出来事をもたらすために努力したことを内心では高く評価してきた。

     しかし、突然、一方的に会談中止を発表したことは、われわれとしては、思いがけないことで、極めて遺憾に思わざるを得ない。

     首脳会談に対する意志が不足していたのか、あるいは、自信がなかったのか、その理由については推測するのは難しいが、われわれは歴史的な朝米首脳の対面と会談それ自体が対話を通じた問題解決の第一歩であり、地域と世界の平和と安全、両国間の関係改善に意味のある出発点になるとの期待を持ち、誠意ある努力を尽くしてきた。

     また「トランプ方式」というものが双方の懸念を解消し、われわれの要求する条件にも符合し、問題解決に実質的に作用する賢明な方策になることをひそかに期待もした。

     わが国務委員長(金正恩朝鮮労働党委員長)も、トランプ氏と会えば、良いスタートが切れると述べ、そのための準備に全力を注いできた。

     にもかかわらず、一方的に発表した会談中止は、われわれの努力と、われわれが新たに選択して進むこの道が果たして正しいのかを改めて考えさせている。

     しかし、朝鮮半島と人類の平和と安定のため、全力を尽くそうとするわれわれの目標と意志には変わりはなく、われわれは常に寛大で、開かれた心で米国側に時間と機会を与える用意がある。

     一度では満足な結果を得られないが、一つずつでも段階別に解決していくなら現在より関係が良くなるはずで、より悪くなるはずはないことぐらいは米国も深く熟考すべきだろう。

     われわれはいつでも、いかなる方式であれ、向かい合って問題を解決する用意があることを米国側に改めて明らかにする。

    (2018/05/25-11:36)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052500637&g=prk

    【【北朝鮮】<談話全文>「我々はトランプ大統領を内心では高く評価してきた」】の続きを読む

    このページのトップヘ