スポーツ

    1: Egg ★ 2018/09/09(日) 00:48:01.16 ID:CAP_USER9
    写真
    no title


    お茶の間に衝撃が走った。

     リオ五輪女子体操代表の宮川紗江(18)の元コーチ速見佑斗氏(34)が暴力指導を行っていた問題。さる5日、速見氏は改めて暴力を認め、謝罪したが6日、速見氏による体罰の映像がフジテレビで流された。

     時期は3年前の2015年、場所は2人が以前所属していた埼玉県内にある体操クラブ。練習場の隅に立たされた宮川が、仁王立ちの速見氏から右手で強烈な平手打ちを受ける。「バチーン!」という生々しい音とともに150センチ、45キロの小柄な体は大きくよろめいた。さらに左手でもビンタされ、再び宮川がグラつくという衝撃的なシーンだった。

     会見で速見氏は「私自身、子供の頃に叩かれたことに対して、教えてもらえたという感謝の気持ちを持っていた。それが自分の根底にあった」と語っていた。師の背中を見て弟子は育ち、暴力指導は伝統のように受け継がれ、暴力根絶が叫ばれる現在もそれは根強く残る。そして、宮川にパワハラを告発された日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)もまた、例外ではないというのだ。

    つづく

    2018.09.08 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/237043/1

    【<朝日生命体操クラブ>塚原夫妻“排除”へ... 速見氏の暴行映像で加速!苦情殺到し解約希望者も続出】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/09/09(日) 06:41:06.79 ID:CAP_USER9
    大坂なおみ vs セリーナ・ウィリアムズ
    6-2
    6-4

    全米オープンテニス
    女子
    決勝

    https://live.tennis365.net/usopen/2018/41/
    no title

    【大坂なおみが全米オープン優勝!! 日本人初のGSシングルス優勝の大快挙!】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/09/07(金) 20:59:20.28 ID:CAP_USER9
    宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンドが始まった。大会史上初となる2大会連続優勝を狙った侍ジャパンU-18代表は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でチャイニーズ・タイペイと対戦し、1-3で敗戦。オープニングラウンドから引き継がれた韓国戦の1敗を加えて2敗となり、決勝進出の可能性が消滅した。


     先制点を奪われた。2回、先頭のリン・イタが放った痛烈なゴロを、遊撃の小園海斗(報徳学園)が弾きヒットに。犠打で走者が二塁に進むと、リン・シェンイの打席で痛恨のプレーが起きた。5球目を打ち上げたファウルフライを、一塁の野尻幸輝(木更津総合)が落球。その直後の6球目を左中間に弾き返され、1点を先行された。

     日本は4回、1死一塁から野尻幸輝(木更津総合)が放った飛球を右翼手と中堅手がお見合いし、二塁打に。二、三塁から中川卓也(大阪桐蔭)が左犠飛を放って、同点に追いついた。

     試合を振り出しに戻すと、4回からは5日の韓国戦で95球を投げていた吉田輝星が中1日で救援登板。だが、これが裏目に出た。中前安打などで2死一、二塁から8番のツェン・チュアンシェンに左前適時打。9番のクォ・ティエンシンには三塁へのセーフティーバントを決められ、これが適時内野安打に。この回2点を奪われ、勝ち越しを許した。

     4回に1点を挙げた日本だったが、その後は台湾先発の左腕ワン・イェンチェンの前に、左打者が6人並ぶ打線が大苦戦。5回から4イニング連続で3者凡退に封じられるなど5回から1人の走者を出せず、完全に沈黙した。
    吉田は4回から8回まで続投。95球を投げた5日の韓国戦から中1日で58球を投げ、5回以降は得点を与えなかったものの、打線がわずか2安打で1点しか奪えずに完敗。決勝進出の可能性はなくなり、連覇の夢は絶たれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00198378-fullcount-base

    ★1が立った日時:2018/09/07(金) 20:34:24.95

    前スレ
    【野球U-18】 連覇の夢途絶える… 台湾に完敗、中1日救援の吉田輝星が2失点
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536320064/

    【【野球U-18】 連覇の夢途絶える… 台湾に完敗、中1日救援の吉田輝星が2失点】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/07(金) 15:06:12.14 ID:CAP_USER9
    落語家の立川志らく(55)が7日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)に生出演し、体操女子で16年リオ五輪代表の宮川紗江(18)の問題について
    「宮川選手が気持ち良くできる状況を早く作ってあげることだけです」と訴えた。

    今回の問題では6日に速見佑斗コーチ(34)による宮川への強烈な平手打ち映像をフジテレビが放送する一方で
    速見コーチは日本協会の塚原光男副会長(70)の妻で協会の塚原千恵子本部長(71)による朝日生命体操クラブへの引き抜き行為などを訴えている。

    今回の映像で発覚した暴行行為に志らくは「暴力がひどすぎたって、映像なんかが残っているから、ひどいんだけども」とした上で
    「暴力をされても、やりたいっていうこれは何なのか。ある人は洗脳だとも言っているけど、それは邪推だから。
    洗脳だったら助けてあげないといけないけども、邪推が方々に出て来て分かんなくなっている。
    とにかく彼女が一日も早く気持ち良く競技に戻れるかにはどうしたらいいかって、引き抜きうんぬんも大事だけども、それをとにかく考えることですね」と示していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000055-sph-spo
    9/7(金) 11:45配信

    http://kenkoudenagaiki.com/wp-content/uploads/2018/08/yjimageRB25FNVX.jpg
    no title

    no title

    【立川志らく、速見コーチの宮川紗江への暴行映像に「ひどいけども、暴力をされても、やりたいっていうこれは何なのか」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/09/07(金) 11:23:42.86 ID:CAP_USER9
    9/7(金) 11:22配信
    【速報】大坂なおみ 日本女子史上初の決勝進出。憧れのセレナと優勝を争う[全米オープン]

    「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会11日目、女子シングルス準決勝で第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第14シードのマディソン・キーズと対戦。6-2、6-4で大坂が勝利し、決勝進出を果たした。日本女子がグランドスラムのシングルスで決勝へ進出するのはこれが史上初となる。

    【LIVE速報】大坂 VS キーズ

    大坂は決勝で、自身の憧れの選手である第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。セレナは現在グランドスラムシングルスのタイトルを23個獲得しており、女子最多記録であるマーガレット・コート(オーストラリア)の24個にあと1つと迫っている。

    大坂とセレナは今年の「マイアミ・オープン」で初対戦。セレナが産休からの復帰途中だったこともあるが、そのときは大坂が6-3、6-2のストレートで勝利している。

    第2セットもキーズのサービスから。第1ゲームで30-40とブレークポイントを握った大坂。ラリーの末にキーズのショットがわずかにロングとなり、大坂が1ブレークアップとした。

    第2ゲームでデュースに持ち込まれた大坂は、キーズに粘られたが、8度のデュースで6本のブレークポイントをしのいでキープする。この大きなゲームをキープした大坂は続く第3ゲームでも0-30とポイントリードする。ここではブレークとならなかったが、大坂の勢いは増すばかり。

    しかし、昨年準優勝のキーズも調子を上げて来る。第5ゲームをラブゲームでキープされ、チャンスを作れなかった大坂は、第6ゲームでもデュースに持ち込まれるが、しのいでリードを守る。

    そして第8ゲームで30-40とキーズにブレークポイントを握られた大坂だが、落ち着いてしのいでキープし、ゲームカウント5-3とした。大坂は第2セットで8本、第1セットを含めると13本のブレークポイントをすべてしのぎきったことになる。

    第9ゲームはラブゲームでキープされたが、続く第10ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・セットとなった。大坂は最後まで落ち着き、そして攻撃的なプレーを見せてこのゲームをキープ、第2セットを6-4で連取して自身初、そして日本人女子シングルス初となるグランドスラム決勝進出を果たした。

    試合開始前のインタビューで「試合を楽しみたい。みなさんにも試合を楽しんでもらいたい」と語っていた大坂。笑顔で勝利を決め、憧れのセレナとの決勝に挑む。

    (テニスデイリー編集部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000005-tennisd-spo
    no title

    【大坂なおみ 日本女子史上初の決勝進出。憧れのセレナと優勝を争う、全米オープン準決勝】の続きを読む

    このページのトップヘ