経済

    1: ティータイム ★ 2018/04/10(火) 10:19:57.23 ID:CAP_USER9
    産経新聞 2018.4.9 22:26

    日本自動車工業会(自工会)が9日発表した平成29年度の乗用車市場動向調査によると、車を保有していない10~20代の社会人などのうち購入したくない層が5割を超えた。
    一方でレンタカーやカーシェアリングには関心を示し、車の維持管理費などに負担感を感じ「所有」にこだわらない若者が増えている傾向が浮き彫りになった。

    自工会は若年層の意識を探ろうと、大学生を含む10~20代を対象にウェブで調査を昨年行った。

    回答した1千人のうち、車を保有していない800人に購入する意向があるか尋ねると「買いたくない」が前回の27年度調査比1ポイント増の29%。
    「あまり買いたくない」(25%)と合わせると54%に達した。

    買いたくない理由を複数回答で聞くと「買わなくても生活できる」が33%と最多。
    これに「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」(27%)、「お金はクルマ以外に使いたい」(25%)が続いた。

    また、非保有者のうち購入意向のある366人に関心のある車の利用方法を尋ねると、レンタカーが最も多く71%。複数の人が同じ車両を共同利用するカーシェアは51%を占めた。

    https://www.sankei.com/economy/news/180409/ecn1804090028-n1.html

    【【経済】10~20代、「車買いたくない」5割超に 維持管理負担が少ないレンタカーやカーシェアに関心集まる】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/04/04(水) 11:31:32.93 ID:CAP_USER9
    2018年4月4日 10:40

    アマゾンジャパン(東京・目黒)は4日、ネット通販の配送手数料を引き上げたと明らかにした。購入金額が2000円未満(税込み)の利用者が対象で、手数料は最大1.5倍となる。ネット通販の利用が広がる一方で、荷物を運ぶ宅配大手では人手不足となっている。アマゾンが物流コスト上昇を消費者に転嫁することで、他社にも値上げの動きが波及する可能性がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28977050U8A400C1000000/

    【【経済】Amazon配送料上げ最大1.5倍、物流コスト転嫁 購入2000円未満対象】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2018/03/28(水) 12:12:12.22 ID:CAP_USER9
    ■追い越し車線を法定速度で走り続ける行為は合法?

     最近、問題視されている「あおり運転」。このきっかけの一つと言われるのが、高速道路の追い越し車線を後続車が来ているにもかかわらず、譲らない「通せんぼ走行」という行為です。

     人間は誰でも先を急ぎたいという気持ちがあるので、前方に自分のペースより遅い車両がいれば、抜かしたくなることでしょう。

     片側2車線以上ある高速道路の場合、道路の構造も「走行車線」と「追い越し車線」と分けています。また、高速道路であっても法定速度は決まっています。法律的にそれ以上の速度を出してはなりません。

     そこで、高速道路にあるパーキングエリア(PA)や、サービスエリア(SA)で休憩中のドライバーの方々に「追い越し車線を法定速度でずっと走行する運転について、どう思いますか?」と聞いてみました。

     すると驚くことに意外な回答が多くありました。「法定速度を維持していれば追い越し車線を走ってもいいだろう。抜く方が速度違反だ。譲る必要は全く無い」というのです。

     こういった考えの人が少なくなかったことに改めて驚きました。

     果たして、法定速度以内で追い越し車線を走り続ける行為は合法でしょうか?

     結論からいいますと、法定速度であっても追い越し車線を走り続けるのは明確な道交法違反(道路交通法 20条 1項)となります。

     条文には、「車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない」と明記されており、通行帯が2つある道路では左側が通行帯とされています。

     このように、走行車線を走ることが義務づけられているので、追い越し車線に出られるのは文字通り、追い越し時のためだけです。

     ですから、むやみに追い越し車線を走り続けると、法定通行帯外違反(通行帯違反とも言う)になってしまいます。

    ■通行帯違反、何キロ走り続けると違反になる?

     具体的にどの程度、追い越し車線を走り続けたら違反なのでしょうか?

     警察の取り締まりを見ると、どうやら「2000m」を目安にしているようです。違反切符の多くに「連続して2000m走行」と書いてあります。

     つまり走行車線に車両がいない状況で時速100キロであれば、1分14秒走ると取り締まられることになります。ちなみに、法定通行帯外違反は速度に関係ありませんので、法定速度以下でも以上でも違反です。

     さて、話を冒頭に戻します。追い越し車線で走行中に後続車が居る場合、交通の流れを止めてしまうと、当然ながら怒りを買ってしまいます。

     ここで「法定速度なんだから」と思う気持ちは少しだけ理解出来ますが、ただ法定速度かどうかを決めているのは、自分の車両のスピードメーターなのです。

     実はクルマの車載メーターには誤差があり、正確かどうかは不明です。速度超過かどうかを決めるのは、警察なのです。

     以上から、法定速度を出しているから追い越し車線を走るということに対しての適法性は全くありません。追い越し車線をずっと走行し続けることは違法行為となるので、後続車の有無に関わらず速度の遅い車両を抜いたら走行車線に戻らないといけません。

     もちろん「あおる行為」も違反です。前走車をあおることは、通りすがりの人にガン付ける行為と同じくケンカ売っているようなものです。

    3/27(火) 6:10配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00010000-kurumans-bus_all

    画像
    no title

    no title

    【【知識】なぜ多い? 煽り運転のきっかけ「通せんぼ走行」 高速追い越し車線で法定速度走行はNG?】の続きを読む

    1: 冷やし飴 ★ 2018/03/26(月) 10:29:45.90 ID:CAP_USER9
    2018年の春季労使交渉で賃金引き上げの明るい兆しが見え、消費拡大に期待が膨らむ春。
    ただ原料や物流コストなどの高騰が暗い影を落とす。

    価格に上乗せしにくい企業は、価格は据え置いて内容量を減らす苦肉の策で対応するが、消費者の間では買い控えが始まりつつある。
    消費者との対話が問われている。

    森永乳業は3月1日出荷分から粉末クリーム「クリープ」の実質値上げに踏み切った。
    明治は4月3日発売分から…

    ※続きはソースでどうぞ

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2849687023032018SHA000/?n_cid=SNSTW001

    【【経済】容量減で「こっそり値上げ」  消費者に見破られてしまう】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/26(月) 09:19:10.86 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000003-withnews-bus_all

    忙しく働くサラリーマンにとってつかの間の癒やしであり、午後への活力となるランチ。
    ただ、約25年で昼食代は2割減り、昼食時間も約5分縮まった。サラリーマンの聖地、東京・新橋で、
    その胃袋を満たしてきた老舗そば店の店主と、サラリーマンの昼食の「平成30年史」を振り返る。

    ■天ぷらの注文が・・・

    オフィスビルが立ち並び、「ランチ激戦区」の新橋。JR新橋駅前のビルにある立ち食いそば屋「丹波屋」は、
    正午前になると、最大8人が入れる店内は、スーツ姿のサラリーマンでいっぱいに。一番人気は春菊天そば(380円)だ。

    創業は1984年。その数年後にバブルが始まり、日本は空前の好景気に沸いた。店主の上田治平さん(81)は、
    「バブルの頃かな? 景気が良かったころは天ぷらを2つ、3つ入れるお客さんが多かった。でも、いまはほとんどいないね。
    健康を考える人が増えたことも影響しているのかなあ」と話す。

    1991年末にバブル景気が終わった後も、客単価はそれほど変わらなかったという。

    上田さんが景気の変化を感じ始めたのは、2000年代に入ってからだ。1990年代は千円札をポンと目の前に置き、
    おつりの小銭を確認しない人も少なくなかった。それが2000年以降になると、景気が悪くなりお財布事情が厳しいのか、
    きちんと小銭を数えて支払う人が増えたという。

    日本はバブル崩壊を機に、1990年代後半から物価が下がり続けるデフレが始まった。物価が下がれば、
    会社の売り上げは減り、給料が削られる。人々の財布のひもは固くなり、ますます経済が縮こまるという悪循環に陥っていった。

    ■昼食代はピークから2割減

    新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」によると、1992年に746円だった昼食代はその後ジワジワ減り、2005年に500円台に突入。

    2010年にはこの30年で最低の507円まで下がった。その後は上向き、2017年は590円に。それでもピークからは2割減った。

    昼食時間はどうか。1983年に33分だったが、1993年には27. 6分に減り、2012年には19.6分と20分を割り込んだ。
    1993年と2012年を比較すると、10分以下の割合が8.2%から22.1%と大幅に増加。2012年は、昼食を「食べない」人が1.4%いた。
    直近の2017年は22分で、若干伸びている。

    これらのデータからは、サラリーマンのランチが平成の30年で、より安価に手短に、という傾向が進んだことがわかる。

    ■昔は1日2回食べに来るお客さんも

    利用客の回転が早い立ち食いそば屋。一人あたりの滞在時間は、約10分だという。

    ただ、好景気だった1990年前後は、「お店に駆け込んできて、ワッと食べて5分ぐらいで出て行くお客さんも珍しくなかった。
    忙しくて食事をする時間もないって言ってね。いまはそういう人は少ないね。昔は1日2回食べに来るお客さんもいましたよ」と上田さんは話す。

    創業から30年余り。平成元年の1989年に消費税が導入され、2度の増税をへて8%になった。日本はバブル後の長く続いた不景気で、
    サラリーマンの給与は思うようには上がらなかった。

    上田さんは「何度も来てくれているお客さんの顔見ると、なかなか上げられないですよね」と価格転嫁には慎重だったが、
    2014年4月の8%への増税後に全品を10円値上げした。消費税が導入された1989年以来の値上げだったという。

    「丹波屋」の周辺には、チェーンの立ち食いそば店が複数あり、日々厳しい競争が繰り広げられている。
    そんな中、上田さんは月曜日から土曜日まで休まずに厨房に立ち続け、定休日の日曜日も仕込みで店に来ているという。
    お客さんからの「ごちそうさま」が、何よりの励みだ。

    「あと何年できるかわからないけど、東京五輪までは頑張りたいなあ」

    【【ごはん】ランチ悲哀の平成30年史。節約され続けた昼食代、ピークから2割も減。立ち食いそば店主「天ぷらの注文が・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ